アフターケアも万全!実績豊富な美容外科のエラ削りは安心!

アフターケアも万全!実績豊富な美容外科のエラ削りは安心!

小顔になるためのエラ削りの手術内容をチェックしよう

カウンセリングをする

エラが張っているのが気になってなんとなく自信が持てない、顔が大きく見えるのが嫌など、エラに悩んでいる方もいらっしゃるのではないでしょうか。エラで悩んでいる場合、美容外科でエラ削りの手術を受けると悩みが改善できる場合があります。手術と聞くと不安に思うかもしれません。そこで、小顔になるためのエラ削りの手術内容を事前に確認して、納得してから施術を受けましょう。

エラ削りは、医療用の専用の器具を使って口の中を切開して、気になる部分の骨を医療用の電動ヤスリで削る手術です。エラの削り方は施術を受ける人の状況によって変わるので、少し削るだけで終わる場合もあれば、広範囲に削る場合もあります。骨を削ったら、切開した部分を縫い合わせて施術は終了です。

切開する部分は口を開けても見えない部分なので、傷跡が見える心配はありません。口の中を切開するので、顔に傷が付かないメリットがあります。出血が多く止血の必要がある場合には顔を切開する場合もあるのですが、多くの場合は口の中を切開すれば施術ができます。施術をする際にはエラを削った後の顔をイメージしながら行ってもらえるので、以前よりも小顔になる効果が期待できます。手術なのでリスクはありますが、悩みを解決する方法としてエラ削りも考えられます。

小顔になるためのエラ削りをした後に必要なアフターケアとは?

エラがはっており、顔が大きく見えるとお悩みの方、小顔になるために美容外科でエラ削りを行うのは、効果的で賢明な選択です。ただ手術と聞くと、やっぱり怖いと感じてしまうものですし、エラ削りの手術を行った後に、どのようなアフターケアが必要になるのかなどは、多くの方が気にされていることでしょう。きちんとした美容外科で手術を行えば、適切なアフターケアをアドバイスしてくれますし、その都度、悩みや心配事の相談にのってくれますので、あまり深刻になる必要はありません。まず、多くの人が気になるのはエラ削りによる内出血です。腫れが引いた後も内出血のせいで、見た目があまりよくないと感じる場合がありますが、時間がたてばおさまってきますし、見た目以外には支障はありません。ただ、あまり顔を激しく動かすと痛みが生じる場合もありますので、注意しましょう。少し温めたりすると、早くよくなる可能性がありますので、試してみて下さい。洗顔は手術後3日目くらいから行えますが、症状にもよりますので、医師の指示に従いましょう。他にも喫煙や食事など気になることがあれば、医師に相談してみて下さい。せっかく行った手術ですので、間違ったアフターケアで気になる症状を悪化させないように注意してください。

エラ削りをするならば美容外科を受診しましょう

顔が大きいというコンプレックスがある場合、マッサージをしたり、ヘアスタイルでカバーしようとしても難しい場合があります。確実に小顔になりたい場合はエラ削りがおすすめです。頬に脂肪が付いている場合は、ダイエットをしたり指圧などをすれば顔がすっきりとするなど、効果が出る場合がありますが、エラが張っている場合は骨格の問題の為、自分で対処することはできません。そのため、小顔になりたい場合は美容外科を受診されるのが良いでしょう。エラ削りは骨を削る手術を行うので、小顔をキープできるのが最大のメリットです。顔に注射をする方法もありますが、それよりも効果が高いので、確かな効果をお求めの方には適しています。エラ削りの手術にかかる時間は、クリニックにもよりますがだいたい一時間からで、術後はすっきりとしたフェイスラインになるので、顔の大きさにお悩みの方は気軽に相談をされてみてはどうでしょうか。一般的に行われている手術では、口の中から骨を削るなどの方法が用いられるため、傷跡が目立つことはないので安心です。シャープな顔立ちになって、おしゃれや恋愛を自由に楽しみ、コンプレックスから解放されたい方は、エラを削る手術を受けてみてはいかがでしょうか。

手術を受けるか躊躇っている方には、症例写真を公開している【コムロ美容外科】でエラ削りの魅力を再確認することをお勧めします。美しいフェイスラインへと変身された患者さんの写真を見れば、手術を受けることに対して明るく前向きな気持ちが芽生えてくることでしょう。

手術をする

顔の大きさ悩んでいるならエラ削りで小顔効果も大いに期待できる

顔の大きさが気になって、それがいつしかコンプレックスになっている人は少なくありません。現代では小顔がもてはやされる傾向にあります。ファッション雑誌の表紙に登場するモデルはみんな人形のように顔が小…

MORE

Choice Article

Update List

TOP